生コン事業部

篠原香奈子さん(生コン事業部佐久工場 ドライバー)

篠原さんは2019年11月に入社し、生コン事業部佐久工場でコンクリートミキサー車のドライバーとして勤務しています。入社より数年前に大型免許を取得していましたが、ドライバー未経験で塩沢産業に入社。佐久工場初の女性ドライバーとして、仕事をひとつずつ覚えているところです。

Q.入社の経緯は?
知人から求人があることを教えてもらって、応募しました。子どもがいるので仕事ができる時間が限られていて、朝7時半から夕方16時半までという勤務時間、残業がほぼない仕事だったのも良かったです。
今まではまったく違う業種で働いてきました。もともとトラックが好きで大型免許も取っていたんですが、ドライバーの仕事は未知の世界でしたね。

Q.ドライバーとしてのお仕事はいかがですか?
私が担当しているのは4トンのミキサー車で、普通免許で運転できます。はじめは先輩が運転するミキサー車の助手席に同乗して、いろんな現場を回りました。その後、助手席に座った先輩からアドバイスをもらいながら自分でハンドルを握って仕事を覚えました。この間、1ヵ月から1ヵ月半くらいかかりましたね。
ドライバーは、それぞれ条件の違う納品先まで安全に車を入れ、生コンを下ろす作業までやります。現場の地面は必ずしも状態がいいわけではなく、気をつけないとスタックすることもあります。
ドライバーには車が一台割り当てられ、メンテナンスまで責任を持って担当します。今、私ができているのは朝の点検と夕方の洗車くらいですが、今後はオイル交換や簡単な修理はできるようになりたいですね。

Q.仕事のやりがいはどこにありますか?
私は体を動かしたり、運転したりが好きなアウトドアなタイプなので、この仕事にはとてもやりがいを感じています。今は子どものような好奇心で興味をもって、わからないことをひとつひとつ先輩方に教わっているところです。

Q.職場はいかがですか?
こんなに男性が多い職場は初めてですが、変に気を遣わない雰囲気はかえってやりやすいですね。ミスをしてしまった時や、今の自分の力ではできないことがある時は、みなさん快く助けてくださるのでありがたいです。先輩からは「気遣いと気配りが大事だ。よく観察してみて」とアドバイスをもらいました。

Q.工場長から見て篠原さんのお仕事ぶりはいかがですか?
率先して仕事をやろうとするところ、自分から学ぼうとするところがとてもいいと思います。1ヵ月目はやりきれるかどうか不安もありましたが、2ヵ月目からは安心して見ています。この仕事は、コンクリート技士や車両系の資格などを取ることができるので、ぜひチャレンジしてほしいですね。(生コン事業部佐久工場工場長)

Q.今後はどのように仕事に取り組みたいですか?
車両のメンテナンスも覚えたいし、いずれは大型ミキサー車にも乗れるようになりたいです。いろんな面でレベルアップできると感じていますし、後悔したくないので、がんばりたいですね。

関連記事

  1. エネルギー事業部

  2. 砕石事業部

PAGE TOP